2021/05/16(日)

15時34分25秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告 第100回目

| 有料版記事予告 | 2021年3月14日 |

 おかげ様で100回目を迎えることができました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
今回も3月15日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1,特別特集  久々に日銀の金融政策と日本の各金融市場について

 いつも米国市場から始めるので、どうして米国以外とくに日本市場について詳しく書く紙面が残らない。そこで今週は、久々に日本の各金融市場を中心に書くことにする。

 日銀は今週末(3月18~19日)に政策決定会合で、2013年から続く金融緩和の点検も行う。そこでまず僭越ながら本誌が「先走って」点検してみたい。

 そして日本の各金融市場ついて解説したい。株式は世界(特に米国)の影響を強く受けているが、為替や長期金利なども含めて日本固有のポイントを入れて解説したい。

 

2,今週の「一言加えたい」銘柄    楽天&日本郵政編

 楽天は1月25日にも取り上げているが、先週末(3月12日)に日本郵政、テンセント、ウォルマートらに合計2423億円の第三者割当増資を発表したため、より詳しく考えるため再登場となる。また同時に日本郵政についても簡単に触れる。

 これだけ総務省の電波行政が注目されている中で、総務省の牙城である日本郵政と携帯電話事業の本格開始を睨んで出来るだけ電波行政の恩恵を受けたい楽天の資本業務提携である。さらにそこにウォルマートは分かるとしても何でテンセントが入るのか?考えれば考えるほど「いろんなウラと思惑」がありそうである。

 

3,お勧めコーナー

 まだ決めていません。

 

2021年3月14日

外資土地取得規制法案が公明党によって葬られる怪

| 政治・政策提言 | 日本 | 2021年3月13日 |

 日本は外資(外国人)による土地取得を規制していない。全く禁止していない国は日本だけのはずである。また中国のように土地の取得権そのものを認めていない国もある。

 それでは自衛隊基地とか原発の周辺の土地を外資がどんどん取得したらどうなるか? 1986年に出版されたF・フォーサイスの「第4の核」は、まだ崩壊前の旧ソ連政府が英国の軍事基地周辺で小型原発を組みたてて爆破させ、当時のサッチャー政権を転覆させて英国に共産党政権の誕生を目論むというストーリーである。

ジェームス・ボンド役でブレイクする前のピアス・ブロスナン主演で映画化もされているが(日本では未公開)、小説のほうが圧倒的に面白い。その中で旧ソ連は英国の基地周辺の土地を取得していたわけではなかったが、全く同じリスクを認識しておく必要がある。

 また基地や原発の周辺だけでなく貴重な水資源や領海に影響する離島など、外資による安全保障上重要な土地取得だけでも規制すべきとの議論が昨年(2020年)後半からようやく盛り上がっていた。

 政府は、とりあえず外資による土地取得の事前届け出や、取得目的の報告だけを義務付ける「大変に控えめな」外資土地取得規制法案をまとめたが、何と連立与党の公明党が私権の制限に抵触するとして難色を示し、予定していた3月9日に閣議決定できず葬られることになる。

ここで私権を保護しなければならないのは日本国民に対してであり、明らかに反日国家の私権など気にする必要もないが、野党ではなく連立与党の公明党が反対する事実は不気味でしかない。連立政権で国土交通大臣のポストをずっと公明党に独占させてきた結果、膨大な土地利権が発生しているかもしれない。

また土地取得に限らず空港運営権なども外資に売却してはならない。関西国際空港の運営権を仏バンシ・エアポートに売却したため(2兆円の資金はオリックスが出した)、コストカットばかりでロクな保安体制が取れず、まんまと同国人のカルロス・ゴーンを逃亡させてしまった。何で日本の捜査当局が「重大な保安上の瑕疵(手抜き)」に対して損害賠償を請求しないのか不思議である。

 以前お勧めした船橋洋一氏の「フクシマ戦記」を読めば、10年前の東日本大震災時の福島第一原発事故は東電首脳部と原子力保安院(廃止)の「驚くべき」保身と責任感のなさによる典型的な人災だったことがわかる。その一方で頼りにならない東電首脳部や原子力保安院に邪魔されながら、福島第一原発の現場に「自らの意思」で残った故・吉田所長ら各現場責任者や担当者の「決死」の努力には改めて頭が下がる。少なくとも「フクシマ戦記」以前の書物では十分に紹介されていなかった。

 話が戻るが外資土地取得規制が葬られたということは、東日本大震災における東電首脳陣や原子力保安院などの「驚くべき」無責任がまた繰り返されて日本人の安全が損なわれていることと「全く」同じである。

 これは中国海警察法による砲撃のリスクに既にさらされている海上保安庁に対する懸念が「一向に」盛り上がってこない状況とも相通じる。

 またようやく過剰接待問題から外資比率が規定の20%をオーバーしていた「コトの本質」に問題が移った東北新社問題も、1つ間違えれば反日国のプロパガンダ放送局が日本で開局していたことになる。

 日本にはありとあらゆる安全保障上のリスクがあるが、それぞれが「驚くような事情」で国民の安全を守れない状況になっているのである。

 

2021年3月13日

最新有料記事サンプル


2021年5月17日配信分
今週の「一言加えたい」銘柄    ソフトバンクグループ(以下、SBG)編

今週の「一言加えたい」銘柄    ソフトバンクグループ(以下、SBG)編

 5月12日に発表されたSBGの2021年3月期通年決算は、純利益が国内企業で史上最高である4兆9879億円の黒字(前年度は9615億円の赤字)となった。世界企業の通年決算(2020年12月期)と比較しても、アップル、サウジアラムコに次ぐ世界3位…


2021年5月17日配信分
お勧め「映画」コーナー

お勧め「映画」コーナー

 先日、民放テレビで「タイタニック」を再放送していた。見るともなしに見ていたが、1997年の作品で、3億ドル近い製作費をかけた「今では絶対に真似ができないカネがかかった作品」である。

 監督がジェームス・キャメロンで、配給が今は落ち目の「パラマウント」とディズニー…


2021年5月17日配信分
特別特集  いったん急落した世界の株式市場をどう考える?

特別特集  いったん急落した世界の株式市場をどう考える?

 先週(5月10~14日)の世界の株式市場は急落した後、週末にかけて急回復した。

世界には数多くの解説(あるいは後講釈)が溢れ返っているが、ここからどう考えるべきなのか?そのまま株式市場に限らず「バブル」が弾けてしまうのか?

<…