2020/08/09(日)

12時40分24秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告 第68回目

| 有料版記事予告 | 2020年8月02日 |

8月3日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 
1 特別特集  日米欧それぞれの今後の経済対策と株式など金融市場の行方

 7月30日に発表された米国の2020年4~6月期GDP速報値は前期比年率換算で32.9%、翌31日に発表されたユーロ圏でも年率換算40.3%のそれぞれ減少となった。日本は8月17日に速報値が発表されるが年率換算26%程度の減少と予想される。

 これらの数字自体は以前から予想されており改めて驚くべきものではないが、それぞれ4~6月期に経済はボトムをつけ7~9月期から急反発すると期待されていた。ところがコロナウイルスの再拡大でシナリオが大きく変わってしまっている。

 しかし世界の株式市場など金融市場や一部の商品市場は「そのへんの事情」を十分に織り込んでいるとは思えない。その歪(ひずみ)と今後の見通しを考える。

 
2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」  北京字節跳動科技(バイトダンス)

 バイトダンスは未上場企業であるが、時価総額が1000~1500億ドルとも予想される世界最大の「メガユニコーン」である。ところが最近の米中間緊張激化により、米国でのサービス停止や米国事業の売却命令などが浮上している。

 そこでそもそもバイトダンスとはどんな会社なのか? 米国が懸念する情報漏洩とは? などを考えてみたい。ソフトバンク傘下のビジョンファンドも30億ドル出資しているはずである。

 
3 お勧め「書籍」「映画」コーナー

 また終戦記念日が近づいているため、関連する書籍をご紹介したい。

 
2020年8月2日