2019/12/07(土)

21時15分12秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

MLB(Major League Baseball)に激震!

| 科学・趣味・その他編 | 2019年12月05日 |

 2019年シーズンが終了したMLBが激震に見舞われている。

 2017年のワールドチャンピオンで、2019年もワールドシリーズ最終戦に敗れて世界一は逃したものの、現在のMLB屈指の強豪チームであるヒューストン・アストロズが、何と相手チームのサインを盗んでいた疑いが強くなっている。大リーグ機構も2017年以降のアストロズの「サイン盗み疑惑」の調査を命じた。

 アストロズの「サイン盗み疑惑」は以前からあり、本拠地のミニッツメイド・パークのバックスクリーン近くに高性能カメラを仕掛けて相手捕手のサインを盗み、打者にはベンチに置いたボブルヘッド人形の持つバチでゴミ箱を叩いて伝えていたようである。

 サインは選手が目で「たまたま」見てしまっても問題ではないが、アストロズのように電子機器を使って「チームぐるみ」で行うと明らかな不正行為となる。また実際に2017年にアストロズに所属していたマイク・ファイアーズ投手(現アスレティックス。関係はないが今シーズンにノーヒットノーランを記録している)もそう証言している。
 
 もしアストロズが「クロ」となれば、2017年のワールドチャンピオンの取り消し、ヒンチ監督を含む複数の球団幹部の1年間の出場停止、さらには2020年ドラフトの上位(1位とか2位とかの)指名権剥奪などの厳しい処分が想定される。

 MLBは2019年シーズンを含み4年連続で観客数が減少して年間6850万人となり、ピークだった2015年シーズンから500万人も減少している。その理由は選手の年棒の高騰が続き(最高年捧は2019年のワールドチャンピオンとなったワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザー投手で約40億円)、「大富豪集団のプレーを一般庶民が高いチケットを買って観に行く矛盾」が認識されてきたからかもしれない。

 そんな人気に陰りが見えるMLBに、また厄介な問題が持ち上がったことになる。

 ヒューストン・アストロズは1962年にニューヨーク・メッツとともに創設され、ずっとナショナル・リーグに所属していた。1992年にアストロズを買収したマクレーン・オーナーのもと、2005年にロジャー・クレメンス投手らを擁してリーグ初優勝を遂げ、ワールドシリーズに進出している(井口資仁選手のいたシカゴ・ホワイトソックスに4連敗で敗退)。

 その後も低迷が続いていたが、2011年5月にジム・クレイン氏が6億8000万ドルでアストロズを買収し、新オーナーとなる(現任)。ただクレイン氏は湾岸戦争の海上輸送で財を成した「戦争屋」であり、一部のオーナーから異論も出たが、球団数が少なかったアメリカン・リーグ西地区への移動を条件に認められた。ヒューストンと西海岸では2時間の時差があるため、地元でのテレビ中継が不利になるからである。

 しかしその後もアストロズの低迷が続き、結果的にドラフトでは高順位で有望選手を指名できたため(MLBのドラフトは下位球団から機械的に指名する方式である)、2015年シーズンは久々に勝ち越し、2017年は初の世界一となった。

 この2017年シーズンの世界一は、ポストシーズン出場資格がある8月末ぎりぎりにデトロイト・タイガースのエースであるバーランダー投手を獲得できたことが大きかった。ちなみにその時点のバーランダー投手は、西海岸の金満球団であるロサンゼルス・ドジャース入りが有望視されていたが、アストロズが争奪戦に勝利したため、ドジャースは代わりにダルビッシュ投手を獲得していた。

 その年のワールドシリーズは、そのドジャースとアストロズが対決し、第3戦と第7戦に先発したダルビッシュ投手をどちらもノックアウトしたアストロズが世界一となったが、とくにアストロズのホームで行われた第7戦でダルビッシュがアストロズの「サイン盗み」の被害者となっていた可能性がある。

 その逆に2019年のワールドシリーズはワシントン・ナショナルズとアストロズの対戦となり、第5戦まで2勝3敗と「王手」をかけられたナショナルズがアストロズのホームで行われた第6,7戦に連勝し、初のワールドチャンピオンとなった。

 ナショナルズの第6戦先発がスティーブン・ストラスバーグ投手、第7戦先発がマックス・シャーザー投手と、MLBで1位と2位の高給取りだったこともあるが、ナショナルズがアストロズの「サイン盗み」に気が付いて、途中で何度もサインを変えるなどして「逆手」に取った可能性がある。

 いずれにしても今後の「調査」と、クロだった場合の「処分」と、MLB全体の人気への影響が、大いに気になるアストロズの「サイン盗み疑惑」である。

2019年12月5日