2022/10/02(日)

16時59分09秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

疑惑の凶弾  その3

| テロ・陰謀・超現象編 | 政治・政策提言 | 日本 | 2022年7月23日 |

疑惑の凶弾  その3

 安倍元首相が凶弾に倒れて亡くなった7月8日から15日目であるが、依然として「公開されるべき最低限の情報も不自然に遮断されたまま」であるため、ますますいろんな可能性にまで意識が行ってしまう。

 少なくともこのような「テロに無防備で、事件の全貌も全く解明されない(解明するつもりがあるとも思えない)日本」に、今後海外要人が積極的に訪れるとも思えない。

 今回はこれまでも書いた凶弾の追加である。新たに分かった事実も加えると、銃撃犯とされる男の手製銃は、1発で2つの銃口から計6発の散弾が発射されていた。1発目は逸れ、約3秒後の2発目の銃弾の1つが致命傷を与えたとされている。

 事件当日の医師団の発表や、20日に開催された自民党の治安・テロ対策調査会における警察庁幹部の説明を総合すると、安倍元首相に致命傷を与えた銃弾は「左上腕部から入って鎖骨下の大動脈を損傷し、心臓にもダメージを与えた」となっている。

 ちょっとご自分の体で考えていただきたいが、体内に入った銃弾が途中で大きく方向を下向きに変えない限りそういう弾道にはならない。まさにケネディ暗殺の「魔法の銃弾(後述する)」並みのミステリーである。

 そして「もっと」ミステリーは、事件当日の医師団の「(安倍元首相の)体内には銃弾が残っていなかった」と、20日の警察庁幹部の「体内から銃弾は発見されなかった」との説明である。

 そもそも安倍元首相に一体何発の銃弾が命中したのかも明らかにされていないが、とくに20日の警察庁幹部の説明が「不可解」である。発見後に紛失したのか、最初から無かったことにするつもりだったのか、銃撃犯以外から発砲された銃弾が出てきたので隠蔽したのかなど、いずれにしても「とても納得できない」説明である。

 だいたい事件の捜査機関の上部組織である警察庁幹部が、事件の重大な物証となる銃弾が特定できないままに(安倍元首相の体内や銃撃現場や病院などを徹底的に捜索する前の)12日に安倍元首相を荼毘に付したことになる。

 つまり安倍元首相を死に至らしめた銃弾が、銃撃犯とされる男の手製銃から発射されたものと立証できないため、殺人罪での起訴は不可能となるはずである。

 ここまでくると陰謀論者ではない本誌でも「何かあるのでは?」と疑ってしまう。

 1963年11月のダラスのケネディ暗殺事件は、単独犯とされたオズワルドが背後の教科書ビルから発射した3発の銃弾が「すべて」でなければならない。そこで1発目がケネディの首から喉元を貫通し、2発目が前席にいたコナリー・テキサス州知事の右肩と右胸部を傷つけ、3発目がケネディの頭部を吹き飛ばしたとされていた。

 この段階ですでに2発目の銃弾がコナリーの右肩と右胸部を同時に傷つけることは不可能で、3発目はザプルーダ・フィルムを見ると「明らかに前方から飛んできた」としか見えない。教科書ビルは後方にある。またオズワルトが使ったイタリア製のカルカノ銃では「フィルムから推定できる」6秒間に3発も撃てないなどの「疑惑」があった。

 ところが後に教科書ビル方向から飛んできた1発の銃弾が、外れて道路上でバウンドして通行人に軽傷を負わせていたことがわかり「さらに」辻褄が合わなくなってしまった。

 そこで、1発の銃弾がケネディの首から喉元を貫通した後、前席にいたコナリーの右肩を貫通し、さらに方向を変えてコナリーの右胸部も貫通したとの「魔法の銃弾」が大真面目に登場する。その「魔法の銃弾」そのものはケネディが運びこまれたパークランド病院のストレッチャー上から「発見」されている。ほとんど潰れていない新品同様の銃弾だった。

 ケネディ暗殺については1964年9月に提出されたウォーレン委員会調査報告書では「オズワルド単独犯で政治的背景なし」と断定されたが、そう信じている米国人はほとんどいない。また安倍元首相の銃撃直後にマスコミが「驚くほど迅速に断定的に報道した」内容とも非常に似ていて不気味である。 

 オズワルドは逮捕2日後に「警察署内でマフィアに銃殺される」など、テキサス州や米政府や軍産複合体やマフィアやCIAを含む「巨大な陰謀」だったはずである。7月8日当日に安倍元首相銃撃の第一報を聞いて咄嗟に頭に浮かんだのが「ケネディ暗殺との類似性」だった。

 すぐに「まさかこの日本では考えにくい」と思い直したが、そこから15日たっても一向に必要な情報が明らかにならないだけでなく、ますます「辻褄が合わない」ことばかり出てくるため、そういう目で検証して行くことも必要かもしれない。
 
 従って、まだまだ続編を書くことになる。

2022年7月23日

 

疑惑の凶弾 その2

| テロ・陰謀・超現象編 | 政治・政策提言 | 日本 | 2022年7月21日 |

疑惑の凶弾 その2

 安部元首相が7月8日に凶弾に倒れて亡くなってから13日目であるが、早くも事件が風化している。首相経験者が凶弾に倒れた例は戦後初めてであり、戦前を入れても(襲撃の9か月後に亡くなった浜口雄幸首相を入れて)7例目という「歴史的大事件」の扱いにしては冷静すぎる。

 本誌は決して陰謀論者ではなく、安部元首相が「陰謀で抹殺された」などとは考えていなかったが、国民に知らせるべき最低限の情報ですら「不自然に」遮断されたままであるため、必要もないところにまで意識が回ってしまう。

 まず事件当日の安倍首相に対する警備であるが、お粗末だったとの批判が出るだけで「具体的に何が問題で、今後のためにどうするべき」という必要な話にならない。そこで本誌が「素朴」に感じたところだけを書く。

 まず選挙の応援演説に限らず首相経験者には必ず専属のSPが生涯張り付く。当然に当日の安部元首相の周りにも張り付いていた。銃撃など非常時におけるSPの任務とは、銃撃犯の確保などではなく、保護対象者(ここでは安部元首相)の安全確保である。これは世界中どこの要人警護でも昔から変わらない大原則である(最後に付け加えがある)。

 そして7月8日当日もその大原則は変わらない。従って準備不足だとか警備体制に不備があったなどは「全く無関係の議論」となる。

 今回も含めて非常時には時間的余裕などないはずで、SPは銃撃音がした瞬間に保護対象者を伏せさせて覆いかぶさるか、もっと切迫していたなら突き倒してでも次の銃撃から守らなければならない。

 ところが当日は、銃撃犯の1回目の銃撃が外れた後、致命傷となった2回目の銃撃まで約3秒間あったにもかかわらず、当のSPを含め誰もその大原則を守っていない。つまり当のSPだけでも大原則の通りに行動していれば、安部元首相の命は助かった可能性が高い。

 それではなぜ大原則が守られなかったのか?

 いくつか思いつくが、最も考えられる理由は「その場所」である。四方が剝き出しのガードレールに囲まれており、しかも安部元首相はミカン箱のような台の上に立っていた。少なくとも突き倒せる場所ではない。つまり安部元首相の演説場所は(特別視するわけではないが)首相経験者の演説場所としては不適当だったことになる。どういう経緯でそこに決定されたのか(何か特別な理由があったのか)は絶対に検証する必要がある。

 1963年11月にダラスで暗設されたケネディ大統領(当時)のパレードルートが当日ひそかにて変更され、直前に大きなカーブを曲がるため銃撃地点のエルム街を減速して通過しなければならなくなった。その変更を「交通安全上の理由」で指示したダラス市のキャベル副市長は、ビッグス湾事件の責任でCIA副長官を解雇されたキャベル将軍の実弟である。

 その次に考えられる理由は、1回目の銃撃時に当のSPが安部元首相の近くにいなかった可能性である。そこを含めて警備の不備で片付けようとしているが、もしそうならば専門的な訓練を受けたSPが理由もなく「持ち場」を離れるはずがない。
 
 実際のニュース動画では、1回目の銃撃の約40秒前にSPか奈良県警の警護担当者のどちらかは不明であるが、「持ち場」を離れて移動する様子が移っている。1回目の銃撃時までに「持ち場」戻っていたかどうかは不明であるが、SPにしても県警担当者にしても余程の「異変」を感じなければ「持ち場」を離れることはない。

 それではいったい「どんな異変」を感じたのか? ご本人の説明が聞ける可能性はゼロで永久に謎となるが、ぜひ確認したいところである。ここだけ本誌の「単なる推測」を許していただけるなら、周辺の高層階に「怪しい人影」を発見したからと考える。

 当日の警護だけからでも、これだけ不自然なところがある。そこを責任の押し付け合いではなく、少なくとも「何を考えてどう動いたか」だけでも国民に説明してほしい。
 
 最後に付け加えであるが、ケネディ大統領の銃撃時に隣に座っていたジャクリーン夫人が夫を放り出してオープンカーの後ろのボンネット伝いに逃げ出す様子がザプルーダ・フィルムに映っている。その時も後ろの車両にいたSPが走ってボンネットに飛び乗り、夫人を座席に押し倒して覆いかぶさっている。それが銃撃を想定した警備の変わらぬ大原則である。

 ザブルーダ・フィルムの「数奇な運命」は別の機会にまた解説する。ユーチューブでも見られるが「改竄後」である。まだまだ続編を書くことになる。

2022年7月21日

最新有料記事サンプル


2022年9月26日配信分
今週の「警戒すべき」銘柄   東芝(続編)

今週の「警戒すべき」銘柄   東芝(続編)

 先週の続きである。先週はハゲタカファンドが送り込んだ社外取締役の「主導」で非公開化され、見えないところでハゲタカファンドに食い尽くされる「運命」であるが、そんな運命を自ら選んでしまった東芝について解説した。

 東芝については過去から「不適…


2022年9月26日配信分
最近やたら気になること  1回目

最近やたら気になること  1回目

 今週からテーマを1つ追加する。主に国際政治において看過できない動きを取り上げる。

 最初として今週は、共産党大会が迫る中国と習近平の最新状況と、対峙する米国の状況と、日本に差し迫る危機から始める。そのまま「自由主義国連合」と、中露北(朝鮮)の「絶対主…


2022年9月26日配信分
特別特集  FRBは間違っている、それなら日銀介入は?

特別特集  FRBは間違っている、それなら日銀介入は?

やや刺激的な表題であるが、FRBの金融引き締めが急激すぎるという「政策論」ではない。米国経済ひいては世界経済をさらに低迷させることが明白の中で、さらに金融引き締めを強化・長期化させる権限がFRBにあるのかという「そもそも論」である。そこが受…