2021/07/23(金)

10時17分10秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

コロナ後の世界経済を案じるべき

| 経済編 | 日本 | 世界情勢 | 2021年5月01日 |

コロナ後の世界経済を案じるべき

 日本のコロナウイルスは変異種が急拡大しており、ワクチン投与の遅れや医療崩壊の兆しもあり、まだまだ深刻化する。累計死者も昨年11月下旬の2000人から、直近では10000人を超えている。

 世界ではやはり変異種が猛威を振るい、最悪のインドでは4月29日の新規感染者が過去世界最悪の38万人、死者が3600人に達している。バイデンがワクチン投与の実績と効果を自慢した米国でも、同日の新規感染者が54000人と高水準のままである。

 そんな中でIMFの4月時点の最新経済予想では、世界全体のGDP成長率が2020年のマイナス3.3%から2021年には反動で6.0%となる。個別では米国がマイナス3.3%から6.4%、ドイツがマイナス4.9%から3.6%、日本がマイナス4.8%から3.3%、中国がプラス2.3%から8.4%、インドがマイナス8.0%から12.5%、ブラジルがマイナス4.1%から4.6%である。

 ただ足元のコロナウイルスの(予想を超える)猛威により2021年の世界経済も、この予想を下回りそうである。とくに日本の3.3%、インドの12.5%は「ほぼ」実現不可能だと感じる。

 歴史的に見ても「新種の細菌やウイルスによるパンデミック」が短期間で消滅したケースはなく、数十年から時には数百年にわたって断続的に人類に襲い掛かる。現在はワクチンなど医療体制の整備によりサイクルが短くなっていると思われるが、それでもコロナウイルスがここ1~2年で消滅することは「絶対に」ない。

 その辺を考え合わせると、世界経済は反動で急回復する2021年が過ぎると(コロナが再拡大してもしなくても)長期にわたって低成長時代が続くと考えたほうがよい。

 実際に先述のIMFの長期予想では2025~26年の経済成長率は、米国で1.6%、日本が0.5%、ドイツが1.1%、ブラジルが2.0%となる。中国、インド、発展途上国の予想はもう少し高いが、低迷する世界経済の中でこれらの国だけが高成長を維持できない。

 それでは成長率が大きく低下した世界経済のイメージとはどんなものか? いいお手本が現在の日本である。日本は長期にわたって名目GDPも物価も個人所得も伸びず、長期金利はゼロ近辺のままである。日本の長期金利(10年国債利回り)がゼロ近辺なのは、日銀が釘付けしているからではなく、いつまでたっても日本経済が成長すると期待されないからである。

 そんな日本でも株式市場だけは欧米に遜色なく上昇しているが、これはほぼ自動的に世界の株式市場に追随していることと、日銀の巨額のETF買いに起因する。世界で株式資産を積極的に購入している中央銀行は日銀だけであるため、世界で日本の株式市場だけが「底上げ」になっている。

 つまり2025~26年の世界経済とは、現在の日本経済と「近い」イメージになり、そのまま長期間低迷するはずである。簡単に言ってしまうと成長力低下が定着する世界経済は、膨れ上がる株式市場の時価総額も、過剰生産力も、最も懸念される官民の過剰負債も「支えきれなく」なるはずである。

 これが最も時間がかかるが、もっとも確実な「バブル崩壊」のシナリオである。

2021年5月1日

 

The Stray Times(有料版)の予告 第106回目

| 有料版記事予告 | 2021年4月25日 |

The Stray Times(有料版)の予告   第106回目

 4月26日(月曜日)の夕方に更新します。以下、予定内容です。

1,特別特集   「バブル」について徹底的に  「最新状況」

 このテーマは3月29日と4月5日に「前半」と「後半」に分けて書いたが,今週はその「最新状況」である。といっても安易に「バブル崩壊が近い」と騒ぐわけではない。

以前にも書いたが「バブル」が弾ける原因を特定することは簡単である。だから世間には安直な「バブル崩壊論」が溢れかえる。ところがそのタイミングを特定することは至難の業である。

とくに悪材料で下落した世界の株式市場が「いつのまにか」回復を繰り返す中で、何がどうなったら本当に危ないのかを再考する。

 
2,今週の「一言加えたい」銘柄    TSMC編

 世界的な半導体不足の中で、受託生産に特化する台湾のTSMCの存在感が大きくなっている。そこで今週は、世界の半導体市場の動向と、その中におけるTSMCの強みと「影」について解説する。

 「影」とは中国人民解放軍との(知られていない)関係である。

3,お勧め「書籍」コーナー

 未定です。

2021年4月25日

最新有料記事サンプル


2021年7月19日配信分
お勧め「書籍」コーナー

お勧め「書籍」コーナー

 最近のように尖閣諸島など中国の脅威が増大している日本においては、もっと自衛隊の存在を理解しなければならない。しかしマスコミも控えめで偏った情報しか伝えない。

 そこでまず自衛隊の活動を描いた「限りなく実話に近い小説」を読むことにした。これもなかなか「本物」を…


2021年7月19日配信分
今週の「一言加えたい」銘柄    テンセントなど中国巨大IT企業編

今週の「一言加えたい」銘柄    テンセントなど中国巨大IT企業編

 まず本題に入る前に本コーナーで7月5日に取り上げたセブン&アイ・HDについて「訂正」すべき箇所があります。

 それはセブン&アイ・HDが2.3兆円もの巨費で、やっと「あのリナ・カーンが委員長に就任した連邦取引委員会(F…


2021年7月19日配信分
特別特集  世界の株式市場の見通しを変更! (前半)

特別特集  世界の株式市場の見通しを変更! (前半)

 先週の特別特集では米国株式の中期見通しを「微修正」しただけだったが、今週はそこから1週間で諸環境と「特に」市場参加者の心理状態がかなり悪化したと感じるため、2020年11月以来、約9か月ぶりに世界の株式市場の見通しそのものを「変更」することに…