2022/10/02(日)

16時59分09秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告   173回目

| 有料版記事予告 | 2022年8月14日 |

The Stray Times(有料版)の予告   173回目

 8月15日(月曜日)の夕方に、予定通り更新します。以下、予定内容です。

1 特別特集  米国株式が「新たなバブル段階」に入った可能性は?

8月5日に発表された7月の雇用統計が大幅に改善していたため、金融引き締めの再加速を想定した主要ストラテジストが米国株の中期見通しを一斉に引き下げた。ところが8月11日に発表された7月卸売物価指数が大幅低下し、翌12日に発表されたミシガン大学8月消費者信頼感指数(速報値)も大幅に改善していたため、ここに来て米国経済の回復期待にインフレ低下期待が加わり米国だけでなく世界の株式市場が大幅高となっている。

 主要ストラテジストの中には大慌てで米国株の中期見通しを上方修正する者も現れたが、まだ引き下げたままの者も多い。普段から自分の予想にあまり責任を持たないストラテジストという人種と金融市場(とくに株式市場)のバトルが始まってしまった。あまり前例がないバトルでその予想が難しい。

 ここは少し冷静になって、もう少し長いスパンで考えてみたい。

 
2  今週の「注目すべき」銘柄    ソフトバンクグループ(以下、SBG)

 8月8日にSBGの2022年4~6月期決算が発表され、3兆1627億円もの純損失となった。さすがの孫社長も憔悴して反省の弁しか出てこなかった。

 ところで本コーナーでは7月11日に先行してSBGの2022年4~6月期決算は悲惨なものになると書いてあり、発表された内容も「ほぼその時点の予想通り」である。つまり現時点においては、SBGが「再浮上する可能性」に留意しなければならない。

 そのポイントも含めて、SBGを徹底解説する。

3  お勧め「書籍」コーナー

 まだ決めていません。

2022年8月14日