2022/05/25(水)

17時48分14秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告   159回目

| 有料版記事予告 | 2022年5月08日 |

The Stray Times(有料版)の予告   159回目

 5月9日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

1 特別特集  0.5%利上げと6月からの総資産縮小に踏み切ったFRB

 5月4日まで開催されていたFOMCは、0.5%利上げして政策金利を0.75~1..0%、6月1日からFRB総資産を毎月475億ドル縮小させると決定した。今後も6月14~15日、7月26~27日のFOMCでさらに0.5%ずつの利上げ、FRBの総資産は縮小開始後3か月で毎月950億ドルの縮小ペースとすることも示唆されている。

 これらはすべてほぼ事前予想どおりであるにも関わらず、NYダウは4日の発表後に900ドル超上昇、翌5日は1000ドル超下落、6日も一時500ドル下落と波乱含みである。FRBは加速する物価上昇の沈静化を最優先とするが、市場にはその効果が出る前に米国経済が失速する懸念がある。
 
 また先週はオーストラリア中央銀行と英国銀行(BOE)も利上げに踏み切る中、日銀だけは連日の指値オペで金利上昇を抑え込んでいる。ここも日銀だけが世界の金融政策の正常化に逆らっているため、どこかで大きな波乱を呼ぶ恐れがある。

 ここから危惧される世界の金融市場における「大きな混乱」とその対処方法を考える。

2  今週の「注目すべき」銘柄   ANAとJAL

 政府は6月にも外国人観光客を含む入国制限の緩和に踏み切る。その恩恵を受けるANAとJALを比較する。コロナで2年間の逆風の中、何とか生き残った両社であるが、どうしても2010年に破綻してあちこちに負担を押し付けたJALの対応が「甘い」と感じてしまう。

3  お勧め「書籍」コーナー

 未定です。

2022年5月8日