2021/02/26(金)

21時40分12秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告 第94回目

| 有料版記事予告 | 2021年1月31日 |

 2月1日の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1 特別特集  急落した世界の株式市場 バイデン政権の根本的問題に起因する可能性

 先週末(1月29日)の世界の株式市場は急落となった。悪材料はコロナウイルス感染拡大、財政赤字拡大など「わかり切った材料」だけであり、逆に比較的好調な企業業績発表が続く中でも株価急落である。「灰色のサイ」ならぬ「家の中のゾウ」が暴れだしたのか?

 本誌はバイデン政権誕生が「バブル崩壊のカウントダウンの始まり」と考えているが、少し早すぎる。このまま続落すれば2020年3月のようにFRBの大量資産購入や追加財政支援が打ち出され、結局は元に戻ってしまうからである。ただその結果は間違いなく「それほど遠くない時期にバブルが崩壊する」可能性を増大させる。

 その辺を慎重に多方面から再確認しておきたい。急落したところを買い増すのか撤退するのか空売りするのかといった重要な決断が求められるからである。

 次の記事で詳しく解説するが、「バブル崩壊前の典型的現象」である個人投資家が大挙して株式市場に参入していることも要注意である。

 

2 今週の「一言加えたい」銘柄   ゲームストップ編

 ほとんど先週まで名前も知らなかった銘柄であるが、SNSで集結した個人投資家の大量買いが、専門のヘッジファンドを打ち負かした「特異な例」となる。単なるニュースではその「異常さ」が伝わってこないため、かなり掘り下げて幅広い観点から解説する。そのまま「バブル崩壊のきっかけ」になってしまう可能性も十分にあるからである。

 

3 お勧めコーナー

 「書籍」です。

2021年1月31日