2020/09/27(日)

15時05分59秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告 第72回目

| 有料版記事予告 | 2020年8月30日 |

8月31日(月曜日)の夕方に、予定通り更新します。以下、予定内容です。
 
1 特別特集   安倍首相辞任と米国大統領選それぞれの行方

 「日韓併合と朝鮮半島史」を2週続けたため、今週は米国大統領選の行方を中心に国際情勢や世界経済・株式市場にテーマを戻そうと思っていた矢先、安倍首相の辞任表明という「あまり想定していなかった」事態になってしまった。

 そこで今週は「安倍首相辞任の背景と影響と後継」に加え、「米大統領選の行方と国際情勢・世界経済・とくに株式市場への影響」という、一見あまり関係がなさそうなテーマのつなぎ合わせとなる。しかしどちらも「政権交代(米国はその可能性)」を取り上げるため、意外に関係性は多い。

 
2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」  キオクシアHD(旧:東芝メモリ)編

 東京証券取引所は8月27日、キオクシアHDの新規上場を承認した。新規上場に際して売り出しと公募増資で(想定ベース)3783億円を市場から吸収し、時価総額2兆1347億円の大型上場となる。

 しかしキオクシア(当時は東芝メモリ)は親会社・東芝の債務超過解消のため、ドタバタしながらやっと2017年に約2兆円かけて分社化したものである。そこでも何故かベイン・キャピタルに不可解な独占契約が与えられ、東芝自体も3505億円も出資した上に総額1200億円の報酬と3400億円の無駄な税金を支払わされ、三井住友銀行など邦銀が6000億円も融資してやっと分社化できたものである。

 そんなキオクシアが上場するため、改めて「とんでもない事実」を解説する。
 

3 お勧め「書籍」「映画」コーナー

 まだ未定

 

2020年8月30日