2020/05/31(日)

20時25分11秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告 第55回目

| 有料版記事予告 | 2020年5月03日 |

 ゴールデンウィーク中ですが5月4日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1 特別特集 出揃った日米欧の金融・経済対策 ここからとくに警戒を要するものは?

 先週で日米欧の金融・経済対策が手揃い、とりあえず株式市場、短期金融市場、債券市場(とくに低格付けの社債市場)も落ち着きを取り戻している。また欧米を中心に経済活動再開も模索されている。

 とりあえず「最初の危機」は去ったようであるが、周りを見回すと「放置されたままの危機」がごろごろしている。今週はその辺にスポットライトを当ててみたい。

 最大級の危機は中国である。トランプ政権によるここ2年程の通商戦争ではなく、コロナウイルスの発生源でありながら情報の隠ぺいによるパンデミックで世界各国に天文学的な損失を及ぼした「責任追及」が始まるという意味である。明日からという話ではないが、その予想と準備は怠ってはならない。

 その他に発展途上国経済の疲弊とその悪影響、原油安による中東の不安定化、そして次に経済危機となる国とその影響などを取り上げる。

 
  
2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」   世界の航空業界編
 
 世界では航空会社の破綻は別に珍しいことではない。しかしコロナウイルスの影響を受けて便数が最大9割も減少している中では、すべての航空会社が破綻してもおかしくない。しかし世界の航空行政は国策にも関わるため、それぞれ対応も違ってくる。その辺を少し詳しく取り上げる。

 

3 お勧め「書籍」「映画」コーナー

まだ未定

 

2020年5月3日