2019/11/16(土)

19時14分28秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

久々に日産自動車とゴーン元会長について

| 日産自動車 | フランス | 2019年2月22日 |

掲題については1か月以上書いていなかったので、最近の主な動向と今後の予想を書いておきたい。

まず日産自動車は2月5日、ルノー側から再々求められていた臨時株主総会を4月8日に開催すると発表した。すでに議題も発表されており(後からさらに付け加えることも不可能ではないが)逮捕されたゴーン、ケリー(すでに保釈済み)両取締役の解任と、新たにルノー会長についたスナール氏の(日産自動車の)取締役就任だけである。スナール氏は日産自動車会長と、オランダにあるルノー・日産・三菱自動車のアライアンス会社のトップに就任するはずである。またゴーン、ケリーは日産自動車におけるすべての役職を解任されているが、まだ6月下旬の定時株主総会までは取締役の地位にある。またスナール氏はミシュランの社長(ミシュラン家以外から選ばれた最初の社長であった)からゴーン解任後のルノー会長に就任しているが、もともとは官僚であり、一説ではゴーンよりも冷徹なコスト・カッターだともいわれている。

このままだと臨時株主総会後の取締役会は日本人が二人多くなってしまうが(もともと必ず日本人が一人多くなるように取り決められている。つまり日産自動車の日本人取締役はルノーやゴーンに絶対に弓を引かない人物しか選ばれていなかったことになる)、6月には定時株主総会も開催され全取締役が改選となるため、ルノーはルノーの取締役でもあるマルタン・ヴィアルあたりも日産自動車に送り込んできて、いよいよ日産自動車と(ついでに三菱自動車も)ルノーとの経営統合を一気に進めてしまうことになるはずである。

以前も書いが、この経営統合に反対していたのがゴーンであり、まあ今から考えると巨額資金を不正に入手するためには「財布の数が多いほど良い」と考えていただけとも考えるが、結果的に1999年のルノーの出資後20年間も日産自動車は日本の会社でいられてことになる。そのゴーンに弓を引かないと思われていた西川(さいかわ)日産自動車CEOらがクーデターを起こしたわけであるが、これでルノー本社も最大株主のフランス政府も「もたもたしないで一気に経営統合を仕上げてしまう」必要性を認識したはずである。つまりそれだけ日産自動車にとっては危険な状態となったはずである。

そのゴーンであるが、相変わらずたくさんの不正が特捜部からリークされてくるが、ここにきてルノー本社からも不正がリークされるようになってきた。エリートが支配するフランスで移民の子であるゴーンは「これ以上の上がり目」がないため、せっせと個人的不正蓄財に励んでいたわけであるが、最近になって「ひょっとしたら事件発覚の本当のネタ元はルノーかフランス政府だったかもしれない」と感じるようになってきた。その理由の1つは2月13日にゴーンの主任弁護士だった大鶴・元特捜部長が辞任しているが、そもそもその大鶴弁護士を指定したのがルノーだったようである。もちろんルノー(あるいはフランス政府)の依頼を受けた官邸か経済産業省あたりの推薦だったはずであるが、日本独特の存在である大物ヤメ検弁護士は、古巣の検察庁に掛け合って「落しどころ」を決めてくるだけで、本気になって無罪を狙う戦い方はしない。つまりルノーもフランス政府も最初から「ゴーンはクロ」と考えていたフシがあり、フランスとしてはあまり無様な結果にもできず、大物ヤメ検にその辺の調整を期待したと考える。

ここでその大鶴弁護士が辞任したのは、無罪を強く主張するゴーンとは合わなくなったからであろう。ゴーンについては本誌も、形式犯である金融商品取引法違反だけでなく特別背任も一部が認められて懲役刑になる可能性もあると考えるため、大鶴弁護士とすれば「完敗」となって今後の輝かしい大物ヤメ検弁護士としての未来に暗雲が立ち込めるからである。そしてルノーもフランス政府も、ゴーンなどもう「とっくに」見捨てており、いよいよ日産自動車(それに三菱自動車も)丸ごと経営統合して日本の会社でなくなってしまうことになる。

進退窮まったゴーンは、大きな法律事務所に所属しておらず数多くの無罪判決を勝ち取っている弘中純一郎弁護士を中心とする10名ほどの大弁護士団に依頼した。大物ヤメ検を複数雇うより安上がりで済むはずであり、理想的な人選であると考える。特捜部は(たぶん)イエメンで消えた30数億円についてゴーンをもう一度逮捕すると思うが、いずれにしても公判前整理手続きにも長い時間がかかりそうであるため、第一回公判は早くても夏以降になりそうである。そしてゴーンも第一回公判前に保釈されることはないはずであるが、これで裁判が(出来レースではなく)真剣で面白いものになることは事実である。

本日は書きたいところをすべてかけていないため、また状況を見ながら解説していくことにする。

平成31年2月22日