2020/05/31(日)

20時25分11秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

2020年3月の記事一覧

The Stray Times(有料版)の予告 第50回目

| 有料版記事予告 | 2020年3月29日 |

3月30日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1 特別特集  パニックが加速する世界の経済・金融市場をどう理解し、どう対応する? 2回目

先週の続きであるが、先週(3月23~27日)の世界の株式市場は「反発」した。

コロナウイルスの猛威は米国や欧州を…

The Stray Times(有料版)の予告 第49回目

| 有料版記事予告 | 2020年3月22日 |

 3月23日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。コロナウイルスの猛威による世界(特に欧州と米国)の経済や金融市場が大混乱となっているため、たった1日で状況が激変して記事内容がタイムリーで無くなってしまう恐れもある。

 本誌の記事は主に前日(日曜日)にほぼ書き終えているため、少なくとも月曜日の…

米国金融市場からドルが消えてしまう恐怖

| 中央銀行・金融情勢・提言編 | 米国 | その他 | 2020年3月19日 |

 2月下旬から始まった世界的な株価急落は、もちろんコロナウイルスの世界的蔓延による経済低迷を懸念したものであるが、同時に(というよりこれが最も怖いはずであるが)世界的なドル資金調達リスクの急激な増大を懸念したものである。

米国はドルが基軸通貨であるため、昔から貿易赤字や財政赤字がいくら膨ら…

The Stray Times(有料版)の予告 第48回目

| 有料版記事予告 | 2020年3月15日 |

 3月16日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1 特別特集  世界の株価急落に対する各国の緊急対策の目的と成功度

先週(3月9~13日)も世界の株式市場は乱高下しながら結果としては大幅続落となった。コロナウイルスは主戦場を欧州に移してパンデミック状態…

急落する世界の株価の「下値目途」とは?

| 国債・債券市場編 | 株式編 | 米国 | 世界 | 日本 | 2020年3月13日 |

 世界の株価急落が止まらない。昨日(3月12日)のNYダウは2352ドル安(9.99%安=ブラックマンデーの22.6%安以来の下げ幅)の21200ドルとなった。この水準は2017年6月以来であるが、NYダウは(世界の株式市場もほぼ同じであるが)2回目の中国ショックのあった2016年初めの約16000ドル、あるいはトランプ当選直後の約18…

東京オリンピックはどうするつもりなのか?

| 個別企業編 | 日本 | 科学・趣味・その他編 | 米国 | 個別企業編-その他 | 2020年3月12日 |

 コロナウイルスの感染者拡大で、世界中がパニックとなり株価も急落しているが、日本もその例外ではない。というより習近平の国賓としての来日を実現するために(結局、中国側から延期を通告されたが)、長く湖北省と浙江省を除いて一切の入国措置を取っていなかった。ようやく3月9日から中国と韓国からの入国制限措置…

The Stray Times(有料版)の予告 第47回目

| 有料版記事予告 | 2020年3月07日 |

 3月9日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1 特別特集  世界の株価急落の背後にある「危険な兆候」を見落としてはならない。

先週(3月2~6日)も世界の株式市場は乱高下したものの結果として急落となった。コロナウイルスの世界的拡散とその影響を受けた各…

FRB緊急利下げの「最大理由」とは

| 中央銀行・金融情勢・提言編 | 米国 | 2020年3月06日 |

 FRBは3月3日、緊急FOMCで政策金利(FF翌日物誘導金利)を0.5%引き下げ1.0~1.25%とした。評決はカンサスシティーとボストンの地区連銀総裁が反対したため8:2だった。

 FRBは2019年1月に2.25~2.5%で利上げを止め、2019年7、9、11月と0.25%ずつ利下げして政策金利を1.5~1.75%としていた。

 過去…

The Stray Times(有料版)の予告 第46回目

| 有料版記事予告 | 2020年3月01日 |

 3月2日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

 

1 特別特集  急落した世界の株式市場  今後をどう読む?

先週(2月24~28日)の世界の株式市場は、コロナウイルスの世界的拡散とその影響を受けた各国経済への不安から「予想外」の急落となった。

 ここ…