2020/03/29(日)

17時13分14秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

カテゴリー:個別企業編-日産自動車の記事一覧

逃亡犯・ゴーン被告を奪還せよ!

| 日産自動車 | 2020年2月01日 |

 表題の通り、逃亡犯・ゴーン被告を「何らかの方法」で日本に連れ戻そうというものである。

 あくまでも日本政府や検察庁が実行するのではなく、「誰か(A)」が「誰か(B)」にひそかに依頼し、ゴーン被告が日本からレバノンに逃亡したような方法で、レバノンから日本に連れ戻すだけのことである。

 …

先が見えてきたゴーン被告の身勝手な記者会見

| 日産自動車 | 2020年1月11日 |

 昨年末にレバノンに国外逃亡したゴーン被告は、日本時間1月8日の夜10時から逃亡先のレバノン・ベイルートで「記者会見」を行った。その直前に会場内に入れる報道機関を指名し、世界で約60社の報道機関だけが会場内に入れた。日本では朝日新聞、テレビ東京、小学館だけが入れている。

 小学館はよくわからない…

ゴーン被告の国外逃亡 なぜ日本当局からの公式発表がない?

| 事件 | 日産自動車 | フランス | 2020年1月04日 |

ゴーン被告の国外逃亡 なぜ日本当局からの公式発表がない?

 ゴーン逃亡については、海外や「関係者」からの情報を各マスコミがそのまま流すだけで、肝心の日本当局からの公式発表がない。マスコミのいう「関係者」とは、通常では官邸や捜査機関を指すが、まだお役所が正月休みであるからか、現時点まで何の公…

だいぶ謎が解けてきたゴーン被告の国外逃亡

| 事件 | 日産自動車 | フランス | 2020年1月03日 |

 昨年末に日本から国外逃亡し、中東レバノンに逃げ込んだゴーン被告の逃亡の謎がだいぶ明らかになってきた。

 1月2日にトルコ政府が、ゴーン被告の国外逃亡に関与したとされるパイロットなど7名を拘束している。トルコ政府は、ゴーン被告を不正な手段で国外逃亡させた「犯罪組織」がトルコを経由しているため…

ゴーン被告がレバノンに国外逃亡!(速報版)

| 事件 | 日産自動車 | フランス | 2019年12月31日 |

ゴーン被告がレバノンに国外逃亡!  (速報版)

2019年の年末ご挨拶を掲載したばかりであるが、そこに「とんでもないニュース」が飛びこんできた。この「とんでもない」にはいろんな意味がある。

 証券取引法違反や背任容疑で起訴され、現在保釈中だったカルロス・ゴーン被告(日産自動車元会長)が…

早々と西川(さいかわ)CEOを辞任させて蓋をした日産自動車

| 個別企業編 | 日産自動車 | 2019年9月10日 |

 この表題には「主語」がない。つまり「誰が」が西川CEOを辞任(実質的には解任)させたかによって、日産自動車の今後が決まることになる。

 ちなみに本誌はゴーン被告は「真っ黒」であり、そのゴーン被告とルノー本社に忠誠を誓うだけで(つまり日産自動車を率先して食い尽くして)CEOの座を手に入れ、結局の…

日産自動車・西川(さいかわ)CEOの姑息な不正

| 個別企業編 | 日本 | 個別企業編-その他 | 日産自動車 | 2019年9月06日 |

 日産自動車の西川(さいかわ)CEOが、自らが受け取る報酬を不正に水増ししていた事実が「ようやく」明るみに出てきた。

 「ようやく」と書く理由は、2018年11月19日にゴーン会長(当時)とともに逮捕されたケリー代表取締役が、「文藝春秋」7月号(6月10日発売)のインタビュー記事で「西川氏に日産自動車社…

ゴーン保釈を認めた東京地方裁判所と東京地検特捜部の「腹のくくり方」

| 個別企業編 | 日産自動車 | 2019年3月05日 |

 本コラムは昨日(3月4日)更新したばかりであるが、言いたいことが山ほどあるゴーン元日産自動車会長について「急変」があったため、連日の更新となる。

 東京地方裁判所は本日(3月5日)昼過ぎ、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)と会社法違反(特別背任)で起訴されているカルロス・ゴーン元…

久々に日産自動車とゴーン元会長について

| 日産自動車 | フランス | 2019年2月22日 |

 掲題については1か月以上書いていなかったので、最近の主な動向と今後の予想を書いておきたい。

 まず日産自動車は2月5日、ルノー側から再々求められていた臨時株主総会を4月8日に開催すると発表した。すでに議題も発表されており(後からさらに付け加えることも不可能ではないが)逮捕されたゴーン、ケリー…

ゴーンの逮捕・拘束と仏政府による東京五輪招致疑惑捜査との関係は?

| 日産自動車 | 外交編 | フランス | 日本 | 2019年1月14日 |

 

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック招致に関する贈収賄疑惑をめぐり、フランス司法当局は1月11日に日本の招致委員会(解散)委員長で日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長を訴追する(後述)手続きに入ったとル・モンド紙(電子版)が伝えている。

 同じ1月11日には東京地検特…