2021/10/24(日)

16時25分14秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

カテゴリー:政治・政策提言-米国の記事一覧

大変に「高いもの」につくバイデンのアフガニスタン撤兵

| 政治・政策提言 | 日本 | 米国 | 2021年8月31日 |

大変に「高いもの」につくバイデンのアフガニスタン撤兵

 本日(8月31日)、バイデン政権のケリー気候変動問題担当特使が来日した。たった1日の滞在で、しかもその来日は8月27日になって急に米国務省から発表されたものである。
しかも気候変動問題を話し合う国連会議は10月である。つまり気候変動問題を…

タリバンによるアフガニスタン完全制圧は、バイデンによる確信的明け渡し

| 政治・政策提言 | 米国 | 中国 | 2021年8月20日 |

タリバンによるアフガニスタン完全制圧は、バイデンによる確信的明け渡し

 2001年9月11日の同時多発テロに襲われた米国は、当時のブッシュ(息子)大統領がビン・ラディンらアル・カイーダの犯行と断定、その引き渡しをアフガニスタンのタリバン政権に要求した。タリバンは1996年からアフガ二スタンを制圧して…

不思議なバイデン政権がスタートして100日

| 政治・政策提言 | 米国 | 2021年5月06日 |

 昨年11月3日の大統領選では、開票3日目の夜中に突然バイデンが「勝てるはずのなかった」複数の州でリードし、そのまま大統領に当選してしまった。

バイデンは投票前から息子ハンターと共に金銭その他のスキャンダルが山盛りだったにもかかわらず、また投票後も一般世論やトランプ陣営や共和党州議会などから…

日本を取り巻く最大級の難問である「中国海警法」とは?

| 政治・政策提言 | 日本 | 米国 | 中国 | 2021年2月18日 |

日本を取り巻く最大級の難問である「中国海警法」とは?

 世間は相変わらずオリンピック組織委員会の後任会長選びや、コロナワクチン接種開始ばかりが関心事であるが、マスコミがほとんど取り上げない(意識的に無視している)「中国海警法」への対応こそ現在の日本を取り巻く最大級の難問である。

 中…

バイデン政権の危うさと世界の株式市場

| 中央銀行・金融情勢・提言編 | 国債・債券市場編 | 政治・政策提言 | 株式編 | 米国 | 米国 | 米国 | 米国 | 経済編 | 米国 | 2021年1月30日 |

 トランプが大統領に当選した2016年11月4日のNYダウ(終値、以下同じ)は17888ドルだった。コロナウイルスショックに襲われた2020年3月23日には18591ドルまで下落して「ほとんど振り出しに戻っていた」ため、トランプ政権における株価上昇の大半は、その後の猛烈な金融緩和・量的緩和・財政出動により実現したことにな…

バイデン政権発足にあたり気に留めておくべきこと

| テロ・陰謀・超現象編 | 政治・政策提言 | 日本 | 欧州 | 米国 | 中国 | 2021年1月22日 |

バイデン政権発足にあたり気に留めておくべきこと

 現地時間1月20日正午に正式に第46代バイデン大統領が誕生した。今回の大統領選で数多くの不正が行われ、主要マスコミやSNSがトランプの主張をブロックし、やっと誕生したバイデン政権である。

 またバイデンはオバマ政権の副大統領時に、その職権を利…

始まった米国の言論統制

| 政治・政策提言 | 日本 | 歴史・宗教編 | 米国 | 中国 | 2021年1月14日 |

 昨年の大統領選中から米国の主要メディアは、バイデン陣営の不正投票やスキャンダルを意識的に無視していた。

 主要メディアは次期大統領を確定させる1月6日の上下両院合同会議において、トランプがSNSで支持者を扇動して議事堂に突入させたと一斉に報道し、トランプ陣営が予定していた異議も消し飛んだため…

ラドクリフ・レポートに注目すべき

| 日本 | 米国 | 中国 | 世界情勢 | 2020年12月18日 |

 米国大統領選は12月14日に選挙人投票が行われ、バイデンが次期大統領に「確定した」と日本でも報道されている。しかしこれは発表されている米国各州の大統領選結果に基づく選挙人投票が「行われたと仮定しただけの」予想にすぎない。

 選挙人投票用紙は厳重に封印されてワシントンに送られ、来年1月6日の上下…

バイデン政権発足で起こる「困った」こと

| 政治・政策提言 | 日本 | 米国 | 中国 | 事件 | 世界情勢 | 2020年12月03日 |

 混乱の続く米大統領選挙であるが、法的には12月8日に各州政府(正確には州議会)が「勝者」を認定して選挙人を確定させた段階で、正式に次期大統領が決まる。

 バイデンはその前の段階で政権移行チームを発足させ閣僚指名を進めているが、これは法的な手続きとしてはおかしい。明らかなフライングであるが、…

大がかりな不正が行われた可能性が強い米大統領選

| 政治・政策提言 | 米国 | 中国 | 事件 | 2020年11月19日 |

 最初にお断りしておくが、本誌は陰謀論者ではなく、興味本位で根拠の薄い噂話を取り上げることもない。いつも公平・客観的であることを最優先と考える。

今回の米大統領選に関しても数多くの記事を書いたが、確かにバイデンは選挙期間中に金銭スキャンダルなどが次々出てもSNSを含む主要マスコミが全く無視し…