2021/07/23(金)

10時17分10秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

カテゴリー:個別企業編の記事一覧

再び迷走が始まった東芝

| 個別企業編 | 東芝 | 2021年4月15日 |

 東芝は4月14日、車谷社長兼CEOが同日付で辞任し、後任に前社長の綱川会長が就任すると発表した。また東芝は、同日午前の臨時取締役会で車谷氏が辞意を表明し、その場で受理され、続いて綱川氏の社長就任を決議したと記者会見(車谷氏は欠席)で明らかにしている。

 これが平均的な各報道機関による発表である…

あの東芝に海外ファンドが買収提案

| 個別企業編 | 東芝 | 2021年4月08日 |

あの東芝に海外ファンドが買収提案

 少し前まで世間を「いろんな意味」で騒がせていた東芝が、また帰ってきた。東芝は4月7日、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズ「など」から買収提案を受け「検討に入った」と発表した。「など」の意味はCVCが中心になってファンド団を組み、2兆円程度で買収すると…

LINEの中国への情報漏洩は「国家の重大危機」と考えよ

| 個別企業編 | 政治・政策提言 | 日本 | ソフトバンク | 2021年3月20日 |

 ヤフー親会社のZHDと無料通信アプリのLINEが3月1日に経営統合した。ところがその経営統合を待っていたかのように(経営統合が完了するまで何とか隠していたかのように)LINE利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能となっていた事実が発覚した。

 こういう問題に対しては「せいぜい」第三者委員会の調…

あの事件はどうなった? 困った日本のマスコミの報道姿勢

| テロ・陰謀・超現象編 | 個別企業編 | 官僚組織編 | 政治・政策提言 | 日産自動車 | 2020年10月22日 |

 通常こういう表題で記事を書くと、だいたい何年も前に発生した事件の「その後」を取り上げるものである。

 しかしそんな昔ではなく、ここ3か月以内に起こった(つまり本年7月以降の)事件だけに絞っても「全く報道されなくなった」ものが結構ある。すべて社会的にそれなりの「大事件」でありながら、何故かそ…

NTTのドコモ完全子会社化の意味

| 個別企業編 | 日本 | 株式編 | 個別企業編-その他 | 2020年10月02日 |

 NTTは9月29日、NTTドコモをTOBにより完全子会社化すると発表した。NTTドコモは1992年にNTTの移動通信事業を分離・独立させたもので、1998年に東証一部に株式上場している。

 現在はNTTが66.21%を保有する筆頭株主であるが、残る全株を1株=3900円(発表前日の終値・2775円に40.5%のプレミアムを加えている…

株主総会の議決権集計で「不適切」な処理

| 個別企業編 | 日本 | 東芝 | 株式編 | 個別企業編-その他 | 2020年9月26日 |

 三井住友信託銀行は上場企業の株主総会における議決権集計業務において1000社以上、20年以上にわたって「不適切」な処理が行われていたと公表した。9月24日のことである。

 コトのきっかけは、シンガポールの投資ファンドである3Dインベストメント・パートナーズが7月31日に開催された東芝の株主総会で、(あ…

ソフトバンク・グループのMBOは可能なのか?

| 個別企業編 | ソフトバンク | 2020年9月18日 |

 ソフトバンク・グループ(以下、SBG)の孫社長は、常に企業価値と比べて自社株の価格が低いと不満を持っているようである。そこで常にMBO(後述)のうわさが絶えず、実際に本年3月の株価急落時には(3月19日に一時2609円)、30億ドル超のSBG株を取得したとされるポール・シンガー率いるエリオット・マネジメントが共…

「ドコモ口座」の資金不正引き出しで感じる「言いようのない不気味さ」

| 個別企業編 | 日本 | 個別企業編-その他 | 2020年9月11日 |

 全国の地方銀行などでNTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った預金の不正引出し(正確には不正チャージ)が続出している。なかには「ドコモ口座」に登録していない個人の預金も引き出されており、被害総額は9月10日時点で、66口座、1800万円超である。まだ気がついていない被害者もいるはずである。

<…

帰ってきた半沢直樹

| 中央銀行・金融情勢・提言編 | 個別企業編 | 日本 | 科学・趣味・その他編 | その他 | 2020年7月24日 |

 2013年に大ヒットしたテレビドラマの半沢直樹シリーズが、7年ぶりに帰ってきた。

 前シリーズ(前半)では銀行支店の融資課長だった半沢直樹が、上司である支店長が表彰店になるための無理な5億円融資を押し付けられ、当然のように焦げ付くと責任はすべて半沢となる。その責任で出向させられそうになった半沢…

東京ミネルヴァ法律事務所の破産を巡る「果てしない闇」

| 中央銀行・金融情勢・提言編 | 個別企業編 | 日本 | 日本 | 2020年7月16日 |

 過払い金請求訴訟で派手なコマーシャルを繰り返していた東京ミネルヴァ法律事務所が6月24日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。そもそも法律事務所の破産などあまり聞いたことがないが、負債総額は51億円に上る。東京ミネルヴァ法律事務所は代表弁護士が6月10日に第一東京弁護士会に法人解散と預り金流用を…