2020/03/29(日)

17時13分14秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告    第50回目

| 未分類 | 2020年3月29日 |

The Stray Times(有料版)の予告    第50回目

 3月30日(月曜日)の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

1 特別特集  パニックが加速する世界の経済・金融市場をどう理解し、どう対応する?2回目
        

   先週の続きであるが、先週(3月23~27日)の世界の株式市場は「反発」した。
  コロナウイルスの猛威は米国や欧州を中心に加速しており経済活動も大きく制限され
  ているが、主に米国の(FRBの)なりふり構わぬ流動性供給と2.2兆ドルの経済対策
  に(正確にはその期待感に)世界の株式市場が助けられたことになる。

           
   
2 株式市場における今後の「勝ち組」「負け組」  ソフトバンクGの「続編」

先週もソフトバンクの「危機的状況」「構造的問題点」などを詳しく書いたが、今週は新たにソフトバンクGを「全く別の危機」が襲っているため、2週連続の登場となる。

3月23日にソフトバンクGは、4.5兆円の資産売却と既発表分を含む2.5兆円の自社株買いを発表した。とりあえず急落していた株価も反発したため、「何が危機なのだ?」と考えられるはずである。

しかしこの発表の裏側には世界最強(最凶)の「物言う株主」であるエリオット・マネジメントの壮大な思惑が潜んでいる。しかも孫社長はそのエリオットを「力強い味方」と考えているフシもある。

それこそソフトバンクGを襲った「最大の危機」となる。その辺を解説する。

  

2020年3月29日