2022/10/02(日)

16時59分09秒

The ST

世界の出来事を独自の見解で読み解く 刺激的金融ブログ

検索

ドル/円

The Stray Times(有料版)の予告   180回目

| 有料版記事予告 | 2022年10月02日 |

The Stray Times(有料版)の予告   180回目

 10月3日の夕方に予定通り更新します。以下、予定内容です。

1 特別特集  最近の金融市場で「いくつか」気がついたこと

 先週末(9月30日)にユーロ圏と米国で発表された物価統計は「最悪の結果」であった。インフレ沈静化を経済活動に優先させるFRBの「決意」がインフレ沈静化に効果があると考えたはずであるが、想定を超えるインフレ加速により「引っ込み」がつかなくなり、株式市場の「下値の目途」がつかなくなってしまったからである。

 また暫定的に量的緩和を再開するBOEの「賭け」や、日米マネタリーベースを比較するとすでにドル円は天井を打っていると感じるところなどを解説する。

2 今週の「警戒すべき」銘柄   Zホールディングス

 最近のように世界の金融環境が激変している中で、日本企業にも「見慣れた株価の位置が実は非常に高すぎる」銘柄がある。まだ水準訂正が始まっていない危険な銘柄である。
 
 Zホールディングスはメディア企業であると同時にEC企業である。どちらも大きく水準訂正が必要と感じるため取り上げる。もっと典型的な銘柄が出てくれば変更する。

3 最近やたら気になること  第2回

 先週から始めたテーマである。今週も先週に続き、中露北(朝鮮)という「絶対主義連合」と最前線で対峙しなければならない日本に迫るリスクについてである。

 それに関連して、9月27日に行われた安部元首相の国葬に感じたところも付け加える。

4 お薦め「書籍」コーナー

 未定です。

2022年10月2日

イタリアが危ない、英国が危ない、その次は?

| 中央銀行・金融情勢・提言編 | 日本 | 欧州 | 為替編 | ドル(円) | ポンド | ユーロ | 中国 | 人民元 | 2022年9月28日 |

イタリアが危ない、英国が危ない、その次は?

 9月21日までに開催されていたFOMCは予想通り0.75%利上げで政策金利が3.0~3.25%となったが、ドットチャートによる2022年末までのFOMC全メンバーによる政策金利予想が4.4%(4.25~4.5%)と6月時点の3.4%から1%も上方修正されていた。
 
 パウエル議長も直後の記者会見で、米国経済がいくら低迷しても物価上昇が目標の2%に落ち着くまで利上げを続けるので「痛み」を覚悟してほしいと強調し、経済活動の低迷により利上げがスローダウンするとの市場の「最後の期待」もあえなく消え去った。

 正常時なら経済活動が低迷すれば金融政策は緩和されるため、米国債利回りは「先行して」低下するものである。しかし今回のFRBは「何あっても」利上げを加速・継続させると「断言」しているため、米国債利回りが「際限なく」上昇し、ドル高も、そして株価下落も止まらない。

 日本時間28日午前11時現在の米国2年国債利回りは4.29%(2007年以来)、10年国債利回りは3.98%(2010年以来)となり、ICEドルインデックスは1週間前(FOMC前日)である9月20日終値の110.215から114.455まで上昇し、NYダウも9月20日終値の30706ドルから27日終値の29134ドルまで下落して年初安値を更新している。

 この状態も普通ならドル債務の多い発展途上国の経済・金融市場に影響が出るはずであるが、今回は「意外な国」に影響が出た。

 物価上昇が先進国で最悪の英国(8月の消費者物価指数が前年同月比9.9%上昇)はFOMC翌日の22日に0.5%利上げして政策金利を2.25%としたが、同時にトラス新政権が大幅減税を含む積極財政策を打ち出したため財政悪化懸念が拡大し、英国債利回りの急上昇、ポンド急落となっている。

 日本時間28日午前11時現在の英国10年国債利回りは4.44%(1週間前は3.3%)、ポンドは1.0668ドル(1週間前は1.1380ドル)となっている。とくにポンドは日本時間26日早朝に一時1.0362ドルと1985年の1.052ドルを下回り史上最安値となった。戦後のブレトンウッズ体制では1ポンド=2.8ドル=1008円だった。

 まさに英国は、経済・金融危機に「最も近い」ことになる。その背景はもちろんFRBの徹底的な利上げ継続と長期化である。

 次がイタリアである。もともとイタリアは財政赤字が大きく国内金融機関の資産内容が脆弱でECBの大幅利上げで経済・金融危機となり、ユーロ圏やEUにも波及すると懸念されていた。

さらに25日の総選挙でポピュリズム(大衆迎合路線)を掲げる右派連合が勝利したため、日本時間28日午前11時現在で10年国債利回りが4.74%(1週間前は4.2%)まで上昇し、ユーロも0.9554ドルと1週間前の0.9955ドルから下落している。

ここでもイタリアは経済・金融危機に「英国の次に近く」、そこからユーロ圏やEUにも波及する恐れがある。その背景ももちろんFRBの徹底的な利上げ継続と長期化である。

ちなみにポンドは年初の1ユーロ=1.1368ドルから15.9%、ポンドは同じく1ポンド=1.3530ドルから21.1%下落しているが、それでも円の年初来下落の25.8%(115.02円から144.70円)より小さい。

日本経済の名目潜在成長率は世界で突出して低いため金融緩和が維持できている。ここからの円安は円買い介入で、YCCは10年国債の指値オペで「当面は」凌げる。28日午前の日経平均は26000円を一時割り込んでいるが、それでも年初来安値(3月9日の24717円)より「かなり」高い。日本だけはFRBの徹底的な利上げ継続と長期化に「当面は」耐えられるが、それだけ根本的な改善が遅れて大きなツケが残ることになる。

それでは英国、イタリアに続く経済・金融危機となりそうな国はどこか?

今度こそ中国である。10月16日の共産党大会で習近平の3期目は確定期であるが、退任する李克強首相の後任人事も含めて経済・金融政策の「空白期間」が続く。もともと習近平は経済・金融政策を重視しない。

28日のオフショア市場では人民元レートが1ドル=7.2233元と年初の6.3670元から13.4%下落しており、1週間前の7.0180ドルからも下落が加速している。明らかに中国から資金が流出している。

これまでさんざん指摘されてきた中国の経済・金融危機が、今度こそ米国の利上げ加速と長期化で「待ったなし」となる。FRBの(というより米国政府の)急激な利上げとドル高維持は、中国の経済と金融市場にダメージを与える意図もあるからである。

2022年9月28日

最新有料記事サンプル


2022年9月26日配信分
今週の「警戒すべき」銘柄   東芝(続編)

今週の「警戒すべき」銘柄   東芝(続編)

 先週の続きである。先週はハゲタカファンドが送り込んだ社外取締役の「主導」で非公開化され、見えないところでハゲタカファンドに食い尽くされる「運命」であるが、そんな運命を自ら選んでしまった東芝について解説した。

 東芝については過去から「不適…


2022年9月26日配信分
最近やたら気になること  1回目

最近やたら気になること  1回目

 今週からテーマを1つ追加する。主に国際政治において看過できない動きを取り上げる。

 最初として今週は、共産党大会が迫る中国と習近平の最新状況と、対峙する米国の状況と、日本に差し迫る危機から始める。そのまま「自由主義国連合」と、中露北(朝鮮)の「絶対主…


2022年9月26日配信分
特別特集  FRBは間違っている、それなら日銀介入は?

特別特集  FRBは間違っている、それなら日銀介入は?

やや刺激的な表題であるが、FRBの金融引き締めが急激すぎるという「政策論」ではない。米国経済ひいては世界経済をさらに低迷させることが明白の中で、さらに金融引き締めを強化・長期化させる権限がFRBにあるのかという「そもそも論」である。そこが受…